日常 #15 彼女が去った日

 

 

1年半くらい生活を共にしていた恋人と、今日でお別れです。正直な話、今日までめちゃくちゃ喧嘩しまくった。自身の人生で、ここまで喧嘩した相手もいないんじゃないだろうか?お互いがワガママで、自己中ってるので、衝突するのが当たり前になっていて、今日で最後なんだねって時でも喧嘩してた。でも、別れる理由はそんなことじゃなくて、喧嘩は毎日のようにするけど、お互い好いてて理解もしてる。

今日で彼女は実家に帰る。僕の住むところからだと約700km離れた場所だ。車で行くと10時間弱はかかる( ;∀;)遠距離恋愛と言えども、なかなかにどうしようもない現実があった。

 

恋人か家族か、あなたはどちらを選ぶ? よほどおかしな人でなければ、家族を選ぶと思います。恋人がその人でないと自身が幸せになれない、それほどの魅力が僕にあるわけもなく。ただ、今日という日が無残にも訪れるのを待つのみだった。親には逆らえない。そんな人生だってある。

想うことはたくさんあったし、辛い。そして何より悲しい。きっとこの悲しみは、彼女が去ったあとで、より大きな絶望感や孤独となって胸を締め付けるのだろう。不甲斐ない自身が故に、何もできなかったことを悔やみ続けるのだろう。

 

 

すべての始まりは、今年が始まって5分くらい経った時に、彼女から送られてきた1通のメッセージが全ての始まりだった。

「あなたと別れて実家に帰る。もう決めた。」

 

それから3ヶ月、本当にあっという間だった。彼女との最後の時間をどうやって過ごそうか、そんな事ばかり考えて、弾丸で旅行に飛んで跳ねて。何本も映画を観たし、いろんなところに行って食事をした。

 

 

短い間だったけど、君の思い出の人にはなれただろうか?

ふとした時に、思い出してもらえるだろうか?

実家に着いた時に、悲しくないかな?辛くないかな?

辛いのは、僕よりも彼女の方だったんじゃないのか?

 

 

本当にごめん。身勝手に生きてきて。将来も考えすに、今日まで生きてきた自身が情けない。

こんなゲームばっかりしてるバカなおっさんを支えてくれてありがとう。そばにいてくれてありがとう。

 

とびっき幸せになってね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

そしたら僕もとびっきり幸せになれそうだ!!!

 

 

もし、本気で会いたいと願うならば、会えない距離ではないし

また数奇な巡り合わせがあるのならば、出会えるだろう。

 

またいつか、どこかで ヾ(*T▽T*)バイバイ

 

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA