シェフ 三ツ星フードトラック始めました

 

一流レストランで総料理長を務めるカールは、仕事に一筋の大男だ。

彼の仕事に対する姿勢は、愚直なまでに真っ直ぐで、そのため家庭もうまくはいっていなかった。

そんな時、カールの務めるレストランで事件は起こる。

大物料理評論家の来店をトリガーにし、物語は大きな局面を迎える。

果たして、彼の運命はどう転んで行くのか、、、

 

 

 

オーナーvsシェフ

レストランと言え、一個の会社に過ぎない。全ての権限はオーナーのモノだが、カールの情熱はそれ以上だった。

長年にわたり自由を失われていた彼の料理は、足枷を失ったことで一時的な絶望を通過し、さらなる熱意へと昇華する。

会社ではありふれた一コマだが、彼のストレスと怒りがとてつもない熱量で表されている。

カールの人柄が実に伝わってくる場面だ。

 

ルカコ
仕事に真っ直ぐなかっこよさに痺れます!

 

 

小さなシェフの父に対する想いが胸を打つ

「こうやって一緒に何かするっていいね」

息子の言葉に、カールの心が殴られる。

 

「いい父親じゃなかったかも知れない、でも料理は上手い」

カールは一人の料理人として、心のあり方を伝える。

物語の進行で、父親としてのカールにも変化が、、、

 

ルカコ
ラストの動画に父への想いが詰まっててグッときました(´ω`)

 

 

 

一流を引き立てる最高のパートナー

彼の存在なしでは、物語は成立しないであろう最高すぎる相棒!!

物語のとびっきりのスパイスは、きっと彼で間違いなしですね(*´ω`*)

レストランでの事件の時の、彼の言動にも注目です!

ハナっから、カールとの信頼関係は大きく、彼にとってカールはそれ程の存在だったんですね。

 

ルカコ
彼の見所は、発言が常にポジティブで最高!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA